メンズエステ 小柄のミセスはこちらの要望何でも受け入れてくれる30代前半可愛いミセスとの濃厚なひとときを堪能最後はいつの間にか産まれた姿になりバックでフィニッシュ 十三

story

メンズエステ 小柄のミセスはこちらの要望何でも受け入れてくれる30代前半可愛いミセスとの濃厚なひとときを堪能最後はいつの間にか産まれた姿になりバックでフィニッシュ 十三

DISCASを使っているんですけどね、以前何気にこのDVDを知り予約リストに入れておいたんです。でも、本数が少ないせいもあるし、結構皆さん借りているのでなかなか順番が回ってこなかったんですよね~。という私も、興味本位で借りたんですけど(笑)ドキュメンタリーでしたよ(いろいろ期待しないようにね^^)☆SEX アナベル・チョンのこと☆(1999)10時間で251人とセックスしたという実在の女子大生を描き、全世界が熱狂、注目した話題作。サンダンス映画祭ではチケットはプレミアがつく人気に。マスコミも大きく取り上げ話題性抜群。 1995年の話。もちろん、そのビデオも驚異的な大ヒットとなったポルノ女優アナベル・チョン。南カリフォルニア大学の学生でもある彼女が、なぜこのような記録に挑むにいたったか?特典には、来日インタビューも入っている。来日は2001年。~~~~~~~~~~~~~~DVDを検索してみると、DVDでの出演者の名前にアナベル・チョンという名前はない。実際彼女の本当の名前は、確かグレースという名前だから、もしかしたらすでに本名にしているのかも。映像は細切れで、ポルノ監督やポルノ男優、さらに彼女の友人たちのインタビューなども入っている。そんな場面が細切れに入り、彼女のインタビューや素顔の彼女の様子が入る。わざとでしょうけど、イベントをする前とイベント後の彼女がわかりずらいんだよね。前半は、このDVDはまさにポルノ女優としての彼女の売名、もしくは会社の宣伝で作ったんじゃないの?と思わせる。挑発的なアナベル・チョン。「私はこれからこんなイベントをするのよ~。やりたい人はすぐに応募して(一般公募だったらしいよ)」もちろん、バンバン、脱いでます^^;)もちろん、大学生でもある彼女の大学での授業の様子(専攻はセックスについてだった)かなり頭のよい娘なんだろうなあ。でも、攻撃的だ。自宅でのすっぴんの彼女。中国娘という感じ。というか、日本人になじみのある東洋顔だ。化粧をすると「おお~」って感じに見られるようになるのよね。幼い顔立ちでもあるかな、目が大きくてね。もちろん彼女の宣伝文句は『東洋の神秘』だ。やっぱりね~~(笑)実は彼女の記録はその後破られることになるのだ。そのときイタリア人ストリッパーだったかな、その彼女が300人の記録に挑んだのだけど。そっちは明らかに売名行為だね。そしてそのとき、アナベルもイベントに顔を出した。並ぶとね、本当に大人と子供みたいね。胸がね・・・シリコンには負けるよね。そのストリッパーさんの叶姉妹のような胸は、すごいっ!!の一言ですな(笑)後半になってくると、たぶん時間の流れがわかりずらいけど、イベント後の彼女の姿を見せている。アナベルの家族はフィリピンに住んでいるらしい。そこに里帰りするのだ。彼女の仕事のことは家族は知らない。母親はインタビューで「アメリカで元気にやっていれば、寂しくないわ」みたいなことを言っていた。そんな後半の部分は、彼女の姿が痛々しい。前半のあの彼女の顔は、女優の顔だとわかる。本当の彼女は、不安と孤独な女性なのかなあと思うのだ。あの攻撃的な彼女の顔は、逆に彼女自身が自分の身を守るためにつけている仮面だと。女性だけがSEXに対してダメージを受けるということに対する怒り。被害者となる女の弱さを強さに変えたいと思ったのではないかと思ったりする。さらに、彼女は自分の存在を誰かに認めてほしいのだよね。自分が誰なのか、自分を確かめるためにこういう世界にいるのではないかな。自分を傷つけ、自分が生きていることを確かめるみたいな・・・ところで、里帰りした彼女は自分の口から自分の仕事のことを言わなくてはと思っていた。いつ言い出そうか、その顔は不安でいっぱいであの攻撃的な顔は全くない普通の女の子なのだ。しかし彼女が言い出す前に匿名の電話や手紙で、母親が事実を知ることになる。(やっぱり、どこでもいるんだよね、そういう匿名電話したりする人が)母親の前で泣きじゃくるアナベルは幼い子供のようだ。しかし泣きながらも『今はわからなくても、いつか理解してくれる』と。そう里帰りする前に彼女はこんなことも言っていた。母親が知ったら、「自分が子育てに失敗したのではないか」と思うだろうなあと。実際の母親は、事実を知り娘と一緒に泣いていた・・・・母親にとって突拍子もないことをしている娘なのだが、やはり娘は娘なんだと思う。理解できなくても。そしてアメリカに帰ったアナベルは、あのチャレンジ後いったんは引退していたのだが、再びポルノ女優として働くことにするのだった。だが、今度のアナベルは、最初のころの彼女と違うように見える。若気の至りで世の中を小ばかにしたようなあの彼女の顔ではなく、仕事としてポルノを演じる女優の顔になったといえるのかもしれない。来日したアナベルのインタビュー。2001年ということで、20代後半だろうか。相変わらず、少々不安定な面も見られるのだが、結婚をしたことで精神的に落ち着いてきたなあと感じる。2001年の彼女はポルノ女優を引退し、ジャーナリストや物書きさらにポルノ女優の待遇改善などの仕事をしているという。その後、彼女はどんな人生を送っているのかねえ~。私などから見ると、彼女の人生は生きにくい道をわざと選んで進んでいるようにも思うのだけど、それもやはりその人の道だものね。興味本位で見たのだけど、結構後半まじめに彼女の姿を映していたなあと思う。精神的に傷つきやすい彼女の姿をそのまんま、見せているのでね。

【再販151】童顔のアラフォーが乱れまくる⁉︎良い匂いがする小柄美人アラフォーミセスはシングルになって欲求◯満⁉︎可愛いミセスは85中の喘ぎ声も可愛すぎる!!

帰宅途中に怪しげな男たちに声を掛けられた清楚妻のあやこさん。健康器具のモニター調査で欠員出たので協力してもらえませんかと頼まれ、すぐ終わるならと承諾してしまう。スタジオでは説明受けた後に電マ渡され一人にさせられる。モニターから流れるAVに刺激されたのか、試していた電マでオナニーを始めてしまう。そこにスタッフが戻ってきて言い訳出来ないあやこさんはスタッフにやりたい放題ヤラれて最後はザーメンたっぷりと中出しされてしまうのであった。

網タイツに包まれた尻を揉まれながら、イヤらしく男と舌を絡めるみなみ。ベッドへ倒れ込んでも執拗に網タイツの股間を攻められ、電マでイカされてしまう。シャワー浴びながらも、たまらずオナニーをしてしまう。ベッドへ戻ると裸に網タイツだけを穿いてくれと言われ、ノーパン網タイツ姿になる。網タイツの股間を攻められ、やがて股間を破かれ、網タイツ姿のままチンポをハメられる。やっと待望のチンポにイキまくるみなみ。最後はたっぷり口にザーメンを浴びる、感度抜群のみなみであった。

こんにちは! みっちーです! ↓↓特別まとめセット販売中↓↓ 恒例の今週の出勤情報を掲載致しますので、メンエスライフに是非ご活用くださいませ。 先ずは〈通常記事編〉です。 【157】19 【158】18.21.22 【160】未定 【161】未定 【162】19.22 【1…

男性メンバーが違うとマッサージ内容も違ってくるのでいろんなメンバーさんのマッサージを体験して欲しいと改めて思いました。
その後、用意して頂いたスイーツで雑談タイムです。
帰り際には食べきれなかった、お菓子も頂いてしまいました。
今回はお昼時間の待ち合わせでしたので、お弁当も用意して頂き私の方がエスコートをしておもてなしをしなければいけないのに、終始おもてなしを受ける立場に(^^;
大変ありがとうございました。

ヒューマンドラマです、いい映画でしたよ~。☆家の鍵☆(2004)ジャンニ・アメリオ監督キム・ロッシ・スチュアート・・・・・・・・・・・・・・・・ジャンニアンドレア・ロッシ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・パオロシャーロット・ランプリング・・・・・・・・・・・・・・・・ニコールストーリー恋人を出産で失った衝撃から、生まれてきたわが子を手放してしまったジャンニ。15年の空白を経て、障害をもつ息子・パオロと再会する。彼をベルリンのリハビリ施設に送り届けることになり、短い旅の中で2人は最初は戸惑いながらも少しずつ変わっていき・・・。米アカデミー賞外国語映画賞イタリア代表に選出された感動のヒューマンドラマ。~~~~~~~~~~~~~~ただでさえ父親というのは存在が危ういもの・・それが、生まれてから始めて会う息子はもうすでに15歳。パオロは亡くなった妻の家族に育てられていた。そしてイタリアからベルリンのリハビリ施設に一緒に出かけることになる。不安なのはジャンニだけではなく、もちろんパオロのほうもだ。僕の家の行きかたを知っている?住所はね・・・パオロがしきりと口にするこの自分の家。一番安心できる場所が自分の家。不安になるとこの「我が家」を口にするのだ。恐る恐る、かかわっていく若き父親ジャンニ。その様を見てリハビリ施設で出会った中年の女性ニコール(シャーロット・ランプリング)が、話しかけてくる。そうそう、そもそもベルリンだからドイツ語ばかりでイタリア語のわかる人がいないのだ。ニコールはイタリア語を話せるのよね。「父親が病院に来るのは珍しい。男は怖がって近寄らない」ニコールの言葉だ。彼女はパオロより障害の重い娘がいる。どう接していいのかわからない、壊れ物のように接していいのか普通に接していいのか・・・甘えさせていいのか、厳しくしつけるべきなのかそのさじ加減がわからない・・・子供に対してだけではなく、むしろ周りに対して社会に対して、世間に対してとても鋭い彼女の言葉だと思う・・とても重かった。親が問題、確かにそうかもしれない。子供に対して何が一番いいのか、親なら誰でも悩むだろう。ジャンニとパオロの場合は、まずお互いを探り合って信頼を得るところから始めなくてはいけなかった。ニコールが言うのだ。「ただ待つしかないのよ」娘にずっと寄り添っているニコールの言葉は、本当に重い。→「いっそ死んでくれたら」という言葉が出てくるのでドキッとする。しかしそれは彼女の言葉ではなく、娘の瞳の中の絶望を感じ取ったからなのだ。←ジャンニとパオロの関係は、時にとっても濃厚になる、かと思えば全く突然険悪になったりする。パオロの心がうねっているようだ。心が通ったかと思えば離れ、ジャンニも苦悩する。しかし、パオロは言うのだ。「ジャンニの家は、僕の鍵で開けられる?」ジャンニと一緒に見ているほうも泣いてしまった。キム・ロッシ・スチュアートはなかなかのイケメンだね~。そしてやはり、シャーロット・ランプリングはさすがの存在感だった。重いですけど、いい映画です。

こんにちは! みっちーです! 〈夏の大セール開催中〉 恒例の今週の出勤情報を掲載致します。 是非今週のメンエスライフにご活用くださいませ。 先ずは〈通常記事編〉です。 【144】16.17.19.20.21 【146】未定 【147】16.17.20 【148】16.17….

女教師と教頭のハダカの約束―。教頭先生と関係をもたなかったらバラされてしまう。はじめはそんな状況下で、されるがまま全身を嬲られ何度も絶頂した彼女が、痴女に急変。上下のオクチで丸ごとオトコを咥え乱れる。ズッポリ騎乗位や窮屈な体位での性交に汗まみれで感じていく。クチに頂戴と発射されたザーメンを一気に飲み干し、教頭の亀頭を直後責め。精子がもっと欲しいとチ○ポに絡みつきオトコを丸呑みするヘビ女であった!

こんにちは! みっちーです! 恒例の今週の出勤情報を掲載致します。 是非メンエスライフにご活用下さい。 先ずは〈通常記事編〉です。 【148】7.8.10.11.12 【149】8.9 【150】未定 【151】7.9.11.12 【152】未定 【153】未定 【154】…

こんにちは! みっちーです! 恒例の今週の出勤情報を掲載致しますのでメンエスライフにご活用くださいませ。 先ずは〈通常記事編〉です。 【144】9.10.12.13.14 【146】未定 【147】9.10.13 【148】10.11.12.13.15 【149】10.11…

今回ははるばる北海道からやってきたムッチリドスケベ美人妻・香桜里さん(33)。その豊満な巨乳をニットの上から揉みしだくと早くも喘ぎ始め、四つん這いになると大きなお尻が6割増しの迫力で、小豆色の肛門がヒクヒクと喜んでいます。仰向けにしてパンティ食い込ませたり、ビラビラを拡げたりの局部責めに快楽を貪る香桜里さんが脂の乗った躰を思いっきり仰け反らせてイク瞬間は必見です!「ナマでハメて中にいっぱい出して~!」と下から腰を突き上げながらのザーメンおねだりする淫乱人妻を是非ご覧ください!

買い物途中の街角で声をかけられた人妻ももさん。テレビ番組で素敵な奥様を探しているとの事。最初は怪しんだが謝礼金額を聞いたらスタジオへ来ちゃいました。結婚7年目でセックスはたまに程度。最近は1ヶ月程していない。そこにパンイチADがチ○コをシゴきながら登場。驚いて目線を逸らすも気になるらしくガン見してしまう。Hカップの胸を揉まれローターを当てられ感じてしまう。全裸にさせられ電マ攻めでイキまくるももさん。最後はたっぷりザーメン中出ししてあげました!!

今回お会いしたのは40代の会社員さん。
大阪某所のホテルで待ち合わせです。
事前のメールでお互いのスイーツ好きということもあり、その中でもチョコレートが特に好きと言う事を聞いていたので、WITTAMERのチョコレートを用意して向かいました。
エレベーターはセキュリティがかかっていて、宿泊客以外は乗れないホテルだったため、フロントで待ち合わせ。
お互いが一番ドキドキしてる瞬間だったと思います。
現れたのは、黒のロングスカートに紺のカーディガンを着こなしている、素敵で落ち着いた小柄の女性でした。
一緒にエレベーターでお部屋まで。
緊張しながらも、ちょっとワクワクしてるようにも見えました。
お部屋に入ると彼女からなんと、うふプリンのプレゼントがっ!
気を遣わせてしまって申し訳ないとも思いつつ、サプライズが嬉しかったです。
私からのチョコレートも彼女に喜んでもらえて良かったです。
今回彼女のご要望は、「性的不満の解消」でした。
しばらくの間ご無沙汰だったと言う事と、1人でしても覚めちゃって良くない。
このHPのことは前から知っていたけど、なかなか勇気が出なくて何度も見ては閉じていたそうです。
でも、今回心を決めて申し込んでくれたとのことでした。
そこまでの気持ちで来ている彼女の期待を裏切るわけにはいきません。
まずは、アロマを選ぶところから。
一通り香りを試していただいて、彼女の好みと効能の両方を満たす組み合わせを選びました。
今回は、ネロリとローズとサンダルウッドの組み合わせ。
これでローズバスをつくり、アロマディフューザーにセットしました。
いつも思うんですが、不思議なもので、香りを試していただくと、本当にその人に必要なアロマオイルをご本人自身で選ばれるんですよね。
アロマバスからあがると早速MHAマッサージ。
普段から頭痛持ちで、原因は肩こりからと言われたことがあるそうです。
漢方薬を飲んでいたこともあり、その辺のことや通常痛い時に使う痛み止めのことなどアドバイスしながらマッサージを進めました。
特に、右肩あたりから来るようなので、張っている右の肩からうなじ、肩甲骨、首のあたりは入念にマッサージ。
そしていよいよ、性感マッサージです。
耳に吐息をかけると少し声がもれています。
フェザータッチにも敏感な反応。
どうやらものすごく感じやすい体質みたいです。
でも、緊張している様子も見えるので、色んなお声がけをしながらゆっくり進めていきました。
その成果もあったのか、彼女から聞こえる声は少しずつ大きくなり、体のうねりもだんだん大きくなっていきました。
「気持ちいいです。。。」
と恥ずかしながら声に出してくれるようになった頃、胸の施術に入ります。
ここで、彼女のスイッチが切り替わったように感じました。
今まで、吐息は荒くなりつつも、控えめな様子で感じていましたが、「いやっ!だめっ!そこすごく良いっ!」と、声も少しずつ大きくなってきて、体の反応も激しくなってきました。
まだ、触ってない膣の周辺もとろとろになって光っています。
その後、指を差し入れると更に反応は激しく変化!
ただ、奥すぎるところはあまり好きではなかったようなので、手前を中心に施術を行いました。
最後にハグして、施術は終了。
「こんなに気持ちよくしてもらって本当に嬉しいです。」
と感想をいただけて、自分としても嬉しかったです。
最後に帰り際、彼女からハグしてくれたのも嬉しすぎました。
以上、体験レポートでした。

整った顔立ちでエキゾチックな雰囲気も醸し出しているりえさん35歳。鏡の前でお尻をチンコにあてて腰を振らせたりパンツをアソコに自ら食い込ませてクリオナニーさせたり。そんな自分の姿を強●ガン見、羞恥で興奮するりえさん。身も心をトロトロになってしまってクンニやアナルまでも舐められて、さらに電マオナニーまで。フルコースセックスでまだ35歳のオマ○コに遠慮なく中出しで大量ザーメン注入。

コメント

タイトルとURLをコピーしました