メンズエステ 笑顔満点サービス満点のミセスに癒される40代中盤小柄可愛いミセスは接客マッサージ全力で健全なのかなと思ったら一気にスイッチが入り初回セックス 我孫子

story

メンズエステ 笑顔満点サービス満点のミセスに癒される40代中盤小柄可愛いミセスは接客マッサージ全力で健全なのかなと思ったら一気にスイッチが入り初回セックス 我孫子

美巨乳の妹系美少女、相戸愛が性の快楽求めて生ハメ本気ファック!その膨れ上がったイヤラシイ唇とは反対に、小さなおマンコに巨根をブチ込まれ本気ガチンコセックス!まずは妹の愛ちゃん、甘えた声でお兄ちゃんに色目を使いフェラチオの練習!竿の先から金玉までぺろぺろしてザーメンをヌき採る!部屋に来た彼氏に初生乳公開。変態化した彼氏に乳もみ、乳首吸い、クンニされ悶える愛ちゃん。手まんで潮吹き、そしてびしょ濡れのおマンコに肉棒を突き立てられる!正常位、自ら騎乗位とヌキサシばっちりのアングルでハメまくり、フィニッシュは中出し!そして別のお兄ちゃんのオナニーを目撃、素股・手コキでヌくのを手伝ってあげる愛ちゃん。最後はチンポ大好きが高じて二人のお兄ちゃんと中出し3P乱交!激しいピストン運動に喘ぎ悶える愛ちゃんでヌきまくれ!

ロリロリな小柄で童顔のとってもかわいい相沢唯衣ちゃんが登場!しかも唯衣ちゃん、プリンプリンのおいしそうな巨乳の持ち主!男優2人相手に、ど派手に3P乱交をやりまくっちゃいます!しかも生で中出し!!唯衣ちゃんのパイパンオマ○コが濃?いザーメンまみれに!エロい濡れスケシーンも満載で大興奮のムービー!お見逃しなく!

スレンダーな美人お姉さんひとみちゃん。男とホテルで話をしながら、服を脱いでいくと、セクシーな黒い下着姿に。ブラを外すと、小ぶりのおっぱいが丸見えです。そんな恥ずかしい格好でくつろいでいると、早速男が身体をまさぐり始めます。乳首を摘んでみると感度抜群で気持ちよさそうな表情を浮かべ、おっぱいをしゃぶられると背中をそらせて感じまくり!パンティを脱がされてオ●ンコを弄られると大悶絶です。そのままテーブルの上に横になると、激しい指マン攻撃!ベッドに移動すると、オ●ンコ接写で更に指マンで刺激すると、コーフンしたクリちゃんを思いっきりつまみ上げられて大絶叫!!気持ちよくしてくれたお礼にと、男のモノをフェラ奉仕し始めると、可愛いカメラ目線を送りながら根元から先端まで丁寧にバキュームフェラ。再び男にオ●ンコをしゃぶられると我慢できなくなった男は本番へ。体位を色々変えながら腰を振りまくるとソレにあわせるように自ら腰を振りまくるひとみちゃん。騎乗位・バックなどを経てハメまくり、再び正常位に戻ったところで我慢限界。大量のザーメンをお腹の上にぶっかけてフィニッシュです。気持ちのいいファックに大満足の笑顔を見せてくれたひとみちゃんでした。綺麗なお姉さんの絶叫ファク。じっくりお楽しみください。

とっても笑顔が可愛い沙紀ちゃんが登場しちゃいました。とっても恥ずかしがり屋の彼女は、インタビューの時でも答えるたびに赤くなってしまいます。そんなところが堪らなく可愛い過ぎます。手マンからお返しフェラチオで男の勃起マラにしゃぶりつきます。すかさずチンポを挿入されて正常位バック、騎乗位とたっぷりと時間をかけてファック!全篇野外で撮影しましたが可愛い系好きな方に是非オススメの作品です。

【2014年/台湾/133min.】
1969年。
海を隔て目と鼻の先に大陸を臨む金門。
あの八二三砲戦の終結から11年が過ぎたとはいえ、中台の緊張が張り詰める攻防の最前線に兵役についたばかりの20歳の青年、“小寶”こと羅保台が配属される。
体格の良さで、士官長“老張”こと張永善に認められ、早速、精鋭部隊・海龍蛙兵に加わるが泳げないことが判明し、831部隊に転属。
小寶に与えられた任務は、831の管轄下にある“特約茶室”と呼ばれる慰安所を管理する仕事であった。
特約茶室…、そこでは様々な事情を抱えた女性たちが、日々兵士たちの相手をしていた。
将来を誓い合った恋人のために、貞操を守ると決めていた小寶はこの場所に居心地の悪さを感じ、戸惑うばかりだがどこか影のある年上の女性・妮妮とは話が合い、彼女と徐々に友情を育んでいく。
もう一人、よく顔を合わすのが老張。
老張は特約茶室の常連で、お目当てはいつも阿嬌。どうやら彼女に本気らしい。
老張の相談にのったり、故郷の話を聞いている内に最初は怖い上官だった老張に、親しみの念を覚える小寶。
そろそろ仕事にも慣れてきたある日、小寶は、どこかにこっそり電話をしている妮妮を目撃。
そして、友人だと思っていたが実は素性など何も知らなかった妮妮が背負う重い過去を知ることとなり…。
鈕承澤(ニウ・チェンザー)監督、『愛〜LOVE』(2012年)に続く長編監督作品第4弾が日本公開。
…と言っても、今から4年も前の2014年の作品。
その年、第51回金馬獎では、6部門にノミネートされ最終的に、最佳男配角(最優秀助演男優賞)と最佳女配角(最優秀助演女優賞)を受賞。
日本では、2015年3月、第10回大阪アジアン映画祭で上映。
台湾映画だし、鈕承澤監督作品だし、受賞もしているし、日本人にも興味深い内容だしどうせすぐに一般劇場公開されるだろうと信じていたら、それっきり。
これはもうお蔵入りだと諦めかけていたら(…と言うか、そろそろ忘れかけていた)なんと降って湧いたように公開のニュース。
私は“スクリーン第一主義”なので、初見がDVDやネットになるのはイヤなのです。
今回は待った甲斐がありました。慌てて輸入盤DVDに手を出さなくて良かったぁ〜。
本作品は、人民解放軍と中華民国軍の対立が続く1969年戦いの最前線である金門島にある特約茶室と呼ばれる慰安所を舞台に特約茶室の管理を任された20歳の新兵、“小寶”こと羅保台を中心にそこに通う兵士や、彼らの相手をする女性たちの愛や悲哀を描く群像劇。
まずは、物語の舞台となる金門について軽くおさらい。
近年は、観光で訪れる人も多い金門だが、我々日本人が“金門”と聞き、真っ先にイメージするのは“国共内戦の最前線”、“台湾側の重要な防衛拠点”といった軍事色の強い島ではないだろうか。
特に有名なのは、1958年の“金門砲戦”、又の名を“八二三砲戦”。
これは、台湾海峡を挟み両岸で繰り広げられた激しい砲撃戦。
そのような戦闘の場になったのは、金門が台湾と大陸の間に位置するという地理的条件があったから。
“間”と言っても、台湾本島より、明らかに中国福建省・厦門(アモイ)のご近所である。
映画の時代背景は1969年。
あの八二三砲戦からはすでに11年が経っているが、実質的な戦闘行為は1979年まで続いたので1969年はまだまだ緊迫した時代である。
主人公の“小寶”こと羅保台は、台湾男子の義務である兵役につき、金門に配属。
台湾の兵役は、年々縮小されていき、最近では遂に4ヶ月の軍事訓練を受けるだけで良くなったらしいが1969年当時は、「當兵三年半、母豬賽貂蟬(兵役3年半で、雌豚が貂蝉に勝る)」という台詞から察するに3年半もあったのかも知れない。
金門入りした小寶は、当初、精鋭部隊・海龍蛙兵に配属されるのだが、泳げないことが判明し特約茶室の管理を任されるようになる。
“軍中特約茶室”、通称“軍中楽園”とは、831部隊の管轄下にある一種の娼館。
軍が運営する、いわゆる慰安所。
台湾では、軍人による性暴行事件等を防ぐために、1951年、特約茶室を開設。
人権問題などで社会的批判が高まったり、両岸の緊張が緩和したことで、1992年に完全閉鎖されるまで金門の特約茶室は約40年営業していたそう。
映画では、もはや歴史の遺物となった特約茶室を舞台に、主に3ツの恋の物語が展開。
小寶の場合
将来を誓った恋人のために操を守ると決めている小寶が場違いな特約茶室で、心を開いて話せるようになった唯一の女性が、年上で影のある妮妮。
営業が終わった夜になると、二人で会話や音楽を楽しみ徐々に彼女に対し、友情とも愛情ともつかぬ曖昧な感情を抱くようになるが同時に、自分が妮妮の素性を全然分かっていない事にも気付く。
やがて小寶は、妮妮が重い罪を背負って、特約茶室で働いていることを知る。
老張の場合
44歳独身の老張のお気に入りは阿嬌。
特約茶室にやって来ると、他の兵士を押しのけ、阿嬌を独り占めにしたり、奮発してプレゼントを贈ったり。
老張の気持ちは本物で、阿嬌が妊娠したと知ると、退役して彼女と結婚することを決意。
そんな老張に対し、いつも可愛く甘える阿嬌だが、実は彼女が優しく笑顔を向ける男は他にも数知れず。
阿嬌が描く未来に自分は存在しないと老張が知った時、二人に悲劇が起きてしまう。
鐘華興の場合
実家が裕福な鐘華興は、先輩たちからタカられ、陰湿なイジメの対象に。
ホッとできるのは、特約茶室で莎莎と過ごす時間くらい。
その莎莎も、客の老兵から酷い目に遭わされてしまう。
金門に居ることに限界を感じた二人は、この島からの脱走を試みる。
それら3ツの恋物語のキャストもチェック。
まずは男性陣から。
特約茶室に配属された20歳の新兵、“小寶”こと羅保台に阮經天(イーサン・ルアン)精鋭部隊・海龍蛙兵を率いる44歳の士官長、“老張”こと張永善に陳建斌(チェン・ジェンビン)そして、小寶と同期の友人で、壮絶なイジメの対象となってしまう鐘華興に王柏傑(ワン・ボージエ)。
鐘華興のエピソードは、短くサラッと描かれている程度なので、王柏傑の登場シーンも多くはない。
より重要なのは、あとの二人のエピソード。
豆導(=鈕承澤監督)の秘蔵っ子、小天(=阮經天)は、これまでにも多くの豆導作品に出演。
監督作品第2弾『モンガに散る』(2010年)は第47回金馬獎で彼に最佳男主角(最優秀主演男優賞)の栄誉ももたらした。
今回の出演も、出るべくして出たのかと思いきや当初、この小寶役には、彭于晏(エディ・ポン)や柯震東(クー・チェンドン)も選択肢に入っていたらしい。
最終的に選ばれた小天は、撮影時、ハタチという役の設定をすでにもう随分上回るオトナだったわけだが結婚を誓った恋人のために操を守るという生真面目で純粋な男の子の役に、なんら違和感ナシ。
(ちなみに、小天は、豆導の前作『LOVE』でも女性経験の無い青年役。豆導作品での小天童貞率は高し。)
外省人二世であろうこの主人公は、“保台”という名にも時代を感じる。
どこの国でも、戦時中は愛国的な名前や、勝利を願う名前が流行るもの。
両岸の緊張がマックスだった当時は実際に子供に“保台”という名を付ける台湾人がいたのかも知れませんね。
小天以上に良いのが、本作品で、第51回金馬獎・最佳男配角(最優秀助演男優賞)を受賞した陳建斌!
“助演”ではなく、もう一人の“主演”でしょー!と言いたくなるほど存在感が絶大だし実際、作中、老張のエピソードは非常に重要である。
作中描かれているのは、阿嬌への惚れた腫れただけではない。
そこに至るまでの老張の背景や、帰ることのできない故郷への想いが、よりジーンと来るのだ。
山東の貧しい家庭出身で、文盲の老張は、国民党軍に従軍し結果、その後、軍と共に台湾へ渡り、そのまま帰郷の可能性を断たれてしまった男。
家族と一緒に台湾へ渡れたのなら、まだマシだけれど、老張は一人ぼっち。
中台の断交で、山東に残した母親とは連絡も取れず互いの安否さえ分からぬまま、あれよあれよと二十年以上…。
老張は、台湾外省人一世の象徴的存在。
このような台湾外省人一世の悲劇は、南北で分断された朝鮮半島の人々の悲劇にも重なる。
ちなみに、鈕承澤監督は、原籍が北平(=現・北京)の外省人二世。
“鈕”姓からも察しがつくように、元は“鈕祜祿氏(ニオフル氏)”の姓をもつ滿族。
鈕祜祿氏は、乾隆帝のママの実家、そう…
つまり、豆導は、陳建斌も出演しているドラマ『宮廷の諍い女〜後宮甄嬛傳』の主人公・甄嬛と
どこかで繋がっているかも知れないワケ。
本作品の老張は、豆導の父親のような外省人一世の代表であり豆導が本作品で一番描きたかったのも、父親世代の悲哀ではなかと、作品を鑑賞してシミジミと感じた。
豆導にとってかなり思い入れが有るであろう老張の役実は、当初、あの劉?華(アンディ・ラウ)に打診していたらしい。
劉?華は脚本を読み、気に入ってくれたが、出演には至らず。
次いでオファーした友人の劉青雲(ラウ・チンワン)も然り。
二人が出演を受諾しなかった理由は不明。
昨今は、香港人俳優も、国共内戦下の国民党兵を演じることに敏感になっているのかも知れない。
豆導は、じゃぁ、どうしようと考えた時大陸の俳優には、香台の俳優にはない、父親世代を彷彿させる昔気質の気骨があると感じ、考えを一変。
当時、ちょうど『宮廷の諍い女』がヒットしていて、雍正帝役の陳建斌が候補にあがり実際に会ってみて、話し合い、今度こそ起用に至ったという。
鈕祜祿氏の末裔が、雍正帝俳優に国民党兵の役をオファーなんて、面白いですねー。
ただねぇ、この役、香港人俳優が躊躇するくらいだから大陸俳優の陳建斌には、さらなる覚悟が必要だったかも…、とも想像する。
(ギャラも、大陸俳優の陳建斌には激安で、「ゼロが一つ足りないんじゃないか?」と呆然としたという話を豆導は後で人づてに聞いたらしい。)
激安のギャラで、リスクを背負ってまで演じただけあり、陳建斌の老張、本当に良いです。
陳建斌で見てしまった今、劉?華の老張は、私にとっては、有り得ないキャスティング。
金馬獎の受賞も納得。
ちなみに、本作品に香港の俳優がまったく出ていないわけではない。
チラッとだけだけれど、廖啟智(リウ・カイチー)が兵士の役で登場した時は彼の出演を知らなかったので、ちょっとしたサプライズであった。
次いで、女性陣。
老張のお気に入り阿嬌に陳意涵(チェン・イーハン/アイビー・チェン)小寶と友情を築く年上の女性・妮妮に萬茜(レジーナ・ワン)鐘華興と金門脱出を試みる莎莎に雷婕熙(レイ・ジエシー)。
元々オヤジ贔屓の私は、老張に思い入れがあるから「おっさんの純情を踏みにじるなぁぁぁーーーっ…!」と小悪魔・阿嬌にはカチン。
まぁ阿嬌は阿嬌で、ああ見えて傷付いており、仕方が無いのだけれど。
演じているのは、豆導とのコラボ3度目の陳意涵。
陳意涵は、顔立ちや体形が現代的なカワイ子ちゃんっぽ過ぎるように感じてしまった。
両岸女優対決でも、私が軍配を上げるのは、大陸側。
これまで特別良いと思ったことの無かった萬茜が、この映画では非常に良いのです。
陳意涵とは違い、“ひと昔前の女性”の雰囲気がある。
見た目は、江一燕(ジャン・イーイェン)+章子怡(チャン・ツィイー)+原田知世に山口百恵的な後ろ暗さを足した感じ(←コレ、結構重要)。
特約茶室で働く女性たちは皆何かしらの事情を背負っているわけだが中でも萬茜扮する妮妮は、儚げで、ミステリアスで、最初から何やら“訳あり”の匂いがする。
父親が遺したロレックスの腕時計を持っていたり、英語で歌が歌えたりすることからも元は裕福な外省人家庭の娘だったことが窺える。
それがねぇ、色々あって、御用となり、減刑のために、特約茶室で働いているらしい。
今でも、特に海外では、“奉仕活動をして減刑”という話を聞くけれど台湾では昔、“女囚が特約茶室でご奉仕して減刑”なんて事が本当にあったのだろうか…?
妮妮の場合、最終的には、建国60年(1971年)の際、蔣介石(1887-1975)の恩赦で、刑期を終える。
萬茜は、この妮妮役で、第51回金馬獎・最佳女配角(最優秀助演女優賞)を受賞。
3人目の莎莎は、実は登場シーンがとても少なく、印象にもあまり残らない。
それでも注目したのは、莎莎役の女優が、映画『GF*BF』(2012年)で…
鳳小岳(リディアン・ヴォーン)と桂綸鎂(グイ・ルンメイ)の間に生まれた双子小雲&小樹の内の小樹を演じていた女の子だと気付いたから。
小雲を演じた4ツ年上の姉・雷瑟琳(ニタ・レイ)は他作品でも見たことがあるけれど妹の雷婕熙も女優業を続けていたのですね。
私は未見の『大仏+〜大佛普拉斯』(2017年)にも出ているらしい。これ、とても観たい作品。
“台湾のタブーに切り込んだ問題作!”のつもりで観ると肩透かしを食らうと思う。
中台が歩んだ近代史を背景に、実在した慰安所を舞台にはしているけれどそれに対し、一石を投じる社会派作品などでは全然なくあくまでも、あの時代に翻弄されたごく普通の人々の恋愛ドラマや人間ドラマを描いた娯楽作品である。
黒歴史を克明に描いたドロドロ史劇でもOKの私には、ライト過ぎるくらいで、大傑作!とは称えられないがそれでも、60年代末の台湾を覗けたのは面白かった。
あの頃の台湾(国民党)が、まだ本気で大陸奪還を狙っていることには、驚かされる。
あと、やはり、強く感じるのは、アラフィフになった鈕承澤監督が、自分の家族の歴史を振り返り父親の世代、外省人一世が負った心の傷を、きちんと作品に残したくなったのだろうという事。
これまでにも、外省人を描いた台湾映画は沢山あるしそれらの中には、しばしば、外省人の望郷の念も描かれている。
例えば、侯孝賢(ホウ・シャオシェン)監督の半自伝的作品『童年往事 時の流れ』(1985年)では主人公の少年・阿孝の家には、いつか大陸へ帰るという思いから、安い竹製の家具しかないし痴呆気味の祖母は、大陸へ帰ると街を徘徊したりする。
でも、『軍中楽園』の老張のエピソードのように大陸の身内と分断された外省人の悲哀を直接的に描き、エンターテインメントに仕上げた作品は有りそうであまり無いかも。
老張のような外省人は特別ではなく、実際に大勢いると思う。
退役して、台湾で餃子の店を開こうとする老張の夢は、結局叶わなかったけれど実際の台湾の街中には、老張のような外省人一世が始めた食堂がかなり有るんじゃない…?
餃子と限らず、小籠包や牛肉麺など、多くの日本人が“台湾名物”と思っている物は大陸から外省人により持ち込まれ、台湾に根付いた食である。
台北の街角で長年ひっそり営業を続けている牛肉麺屋のヨボヨボになった創業者の老人が現実世界の“老張”である可能性は大いにある。
ごくごく普通に見える市井の人にも“歴史あり”なのでしょうねぇ…。
とても観易いエンタメ作品なので、「台湾史には興味あるけれど、重いのは苦手…」という人にもお勧め。
豆導の作品の中では、日本でもそこそこ話題になった『モンガに散る』より、私はこちらの方が好きかも。

道を歩く白のミニスカ穿いたむちむち娘。スカートごしにパンティラインがっくっきり。そこへファッションモデルスカウトと称する男が寄ってきて面接と称し木陰に連れていきスカートまくり上げてモジャモジャなハミ毛チェック、ラブホに連れ込みパンティとブリーフごしにオマンコとチンコをくっつけ合わせて刺激。男のペースにすっかり惑わされてしまった娘は男のチンコしゃぶり上げバック騎乗位で挿入、〆は相互オナニーの形でベッドに寝た女の舌に男が糸引くザーメンを垂らす。これでアナタも一流モデルに?

明るいゆうちゃんは、色白でバストもヒップも理想的な形。しかしアソコは剛毛で、オナニーだけでトロットロに愛液があふれ出てます。笑顔の素敵なゆうちゃんは、容赦なく中出しされて、「うわ、中出しって初めて」と、複雑な表情を浮かべます。

レストランで腹ごしらえしてからカラオケへ向かうMINAMIちゃんです。カラオケに熱唱しながら手は男のナニをいじり始めるエッチなMINAMIちゃんです。いきなりフェラ開始!歌はどこえやら、熱くなってしまってラブホへ移動。トイレで放尿シーンをゲット!ベッドへ移り、愛撫が始まり、フェラ、クンニ、手マンと一通り終えた後、ファック開始!騎乗位では感じながらも笑顔を見せてくれるさわやかMINAMIちゃんです!その後バックでハメ撮り、正常位でフィニッシュは中出しっ!と、ここで終らずまだファック撮影は続きますっ!

抜群のスタイルと極上の笑顔、安城アンナと同棲生活❤リア充な毎日を送りませんか?今回ジャポルノ初登場のアンナちゃん、生年月日は1991年11月1日、身長165cm、3サイズは上からB:85cm W:58cm H:86cm。趣味はマラソンとショッピング?!そんな彼女の極上笑顔で「今日もラブラブなエッチしよっ❤アンナの中にい?っぱい出してね」なんて言われたら!?!?超スウィートな同棲生活に、毎日中出しセックスし放題!!アンナちゃんも中出しセックスでイキまくり?!これは必見ですっ!!どうぞお楽しみに。

爽やかイケメンなどさんこ君はルックスとは裏腹に超エッチなソフトS男君。感じている男の人の表情が大好きだということです。手コキとフェラで攻め立てます。あっちゃんが逝きそうになるとしごく手を止めて指先でねっとりと亀頭を愛撫。あふれ出る我慢汁がエロいです。散々じらされた分フィニッシュの射精量がもの凄いです!ボーイズスタームービーが満を持して放つ最新作です!Dosanko you a refreshing soft handsome man you S ultra etch Contrary to the looks. It means I love look of a man who feels. I am bombarded by Blow and Handjob. The caress the glans and soggy at your fingertips to stop the hand squeezing her there is about to be live. Patience juice overflowing is erotic. Ejaculation amount of minute finish scattered people were Jirasa is terrible! It is the latest of the emitted Boys star movie-awaited!

生命の力、ニッサ
1土地を1枚アンタップして次の自分のターンまで土地兼5/5速攻エレメンタルクリーチャーにする。
マナブーストとしては野生語りのガラクに劣るのでおまけ程度に。

大学生の池川小詠ちゃんとのドライブデートから始まります。2ヶ月前に10Pで乱交パーティーをしたと告白する小詠ちゃん。しかも生で!普段からいやらしいというのが伺えます。場所が変わって、部屋の中でいきなり服を着たままバックで本番。しかも生で!その後、小詠ちゃんはオナニー&フェラを強要されて、自分でオマ○コを触りながら、オ♂ンチンをペチョペチョ舐め回します。指マン、バイブでガンガンにオマ○コを責められて、小詠ちゃんはものすごい喘ぎ声で悶えます。またフェラでオ♂ンチンを固くした後に、生挿入開始。騎乗位、バック、正常位等でガンガンに突かれて小詠ちゃんは「気持ちいい?」を連発。最後はザーメンを顔にどっぷりかけられちゃいます。

↑うちの先輩は、すでに中央高校のメンバー達と打ってました。先輩高校最後の試合です。今まで本当にありがとうね?

スーパーマッチョ武蔵。水攻めに恍惚の表情!ラストはザーメンを空中大量発射!

イケメン細マッチョ2人が見せる同性愛!始まりはソファでくつろいでいる時です。男2人で愛を交わすようにディープキス!そして、フェラチオと男同士の絡みは続いてゆく!さらにそれだけでは物足りずに最後は激しいアナルファック!突かれる方は少々可愛らしい声で喘ぐ姿は見逃せないポイント!ゲイ好きには持ってこいの作品、是非お楽しみあれ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました