メンズエステ 隠れ名店の経験浅め深キョン系スタイルセラピスト 日本橋

story

メンズエステ 隠れ名店の経験浅め深キョン系スタイルセラピスト 日本橋

(元記事1/2)
「なおみちゃーん」「おかえりー」大坂なおみが帰国
[2018年9月13日6時17分]
FacebookMessenger 花束を手に羽田空港へ到着した大坂(撮影・横山健太)
https://www.nikkansports.com/sports/photonews/photonews_nsInc_201809130000046-0.htmlテニスの全米オープンで4大大会シングルスの日本勢初優勝を果たし、女子の世界ランキングで自己最高7位に浮上した大坂なおみ(20=日清食品)が13日、羽田空港に凱旋(がいせん)した。同日午前に帰国会見する。黒い帽子に白い眼鏡姿の大坂選手は到着ロビーに出てくると「なおみちゃーん」「おかえりー」とファンの声が飛ぶ中、笑顔で軽く会釈をして歩いた。空港には早朝にもかかわらず、報道陣約50人、ファン約50人が集まる盛況ぶりだった。大坂選手は全米オープンで日本女子として初めて4大大会決勝に進出し、元世界1位のセリーナ・ウィリアムズ選手(米国)にストレート勝ちした。今後は国内で調整し、東レ・パンパシフィック・オープン(17日開幕・アリーナ立川立飛)に臨む。(元記事2/2)
錦織「誇りに思う」伊達公子さんらテニス界称賛の声
[2018年9月10日9時48分 ]
https://www.nikkansports.com/sports/news/201809100000279.html?utm_source=headlines.yahoo.co.jp&utm_medium=referral&utm_campaign=20180913-00328939-nksports-spo全米オープンを制し、笑顔で優勝トロフィーを手にする大坂(撮影・菅敏)

<テニス:全米オープン>◇8日(日本時間9日)◇ニューヨーク◇女子シングルス決勝世界19位の大坂なおみ(20=日清食品)が、4大大会最多タイ24度目の優勝を狙った元世界ランク1位のセリーナ・ウィリアムズ(米国)に6−2、6−4の1時間19分でストレート勝ち。日本男女を通じて史上初めて4大大会シングルス優勝の快挙を達成した。大坂の快挙に日本テニス界からは称賛の声が上がった。今大会の男子シングルスで4強入りした錦織圭(日清食品)はツイッターで優勝杯を持つ大坂の動画を添付し「誇りに思う」と英語でコメントした。元世界ランキング4位で4大大会のうち全米を除く3大会で4強入りした伊達公子さんは「セリーナ(ウィリアムズ=米国)とパワーで向き合えることが大坂選手の強み。そこに耐えることと見極める力がついたから、あそこまで追い込めた」とたたえた。決勝は警告を巡って相手が再三主審と口論する異様な雰囲気の中での試合となったが、大坂は黙々とプレー。元世界8位の杉山愛さんは「冷静に対処して自分のやるべきことに徹したことが素晴らしかった」と感嘆し、「スーパースターの存在が人気につながる。今後のテニス界が楽しみ」と人気向上のけん引役として期待した。また現場のリポーターを務めていた松岡修造さんは「会場は99%でセリーナを応援していた。センターコートで見ていて、あの時のブーイングは、コートにいることができない。あの立場に立ったらプレーなんかできない。その中で戦った大坂はすごいと思います。人生最高のプレーをしたのは間違いない」と興奮気味に祝福した。

昨夜、超新星のように音もなくついに爆発した私は、夜になると外へ勢いよく逃げ出した。
もうこれ以上、このひどい家にも状況にもいたくない。今夜は、もう、だめ。
着いたのは、吉祥寺だった。
始めは西荻にしようと思っていたが、今は変わってしまったあの街にかつての思い出を求めても、もう、それはない。
行っても仕方ないから。
とはいえ、私はその夜、思い出から逃れられなかったのだが。
最初は一杯飲みの居酒屋だった。
私は貧乏人なので、飲みは旨い、安い、感じいいがモットー。
そこは、その点においては、うーん感じはいい。
案外広いトイレの壁一面に、くだらなくてシンプルな、店と酒に関する川柳がべたべたと貼られていて、思わず笑ってしまい、それ、好ましかったの。いい店だって
鰻の寝床のような店内に、居酒屋の臭いがたちこめている。
カウンターに案内された。
早いのに、一人飲みのお父さんたちが陣取っている。端っこに私。女一人だけ。
ビールを頼んだ。冷え方も泡もいまいちだが、こんなものだろう。こういう所で贅沢は言わない。
卓に煙草とライター、スマホと文庫本を出して、一人飲み開始。
感じのいい外国人店員さん。にっこり。
唐揚げと餃子。熱い!でも、マズイ。量も多くて食べきれない。
昔ならペロリだが、永遠のダイエット中だし、食べきれないものを食べて気持ちが悪くなってしまってこの夜を台無しにしたくないので、素直に残す。
飲みながら、スマホと文庫本をいったりきたり。ラインで社長に窮状を訴える。
つまりはこの超新星逃亡の原因となった元だんなさんぼうやの精神病院への入院騒ぎの件でボロボロになっていること、親もヒドくてもうやだー、おかしらに会いたいよーわーん、という内容。
社長は福島でバカンス中だ。でも返信がきて、暮れに帰ったら飲もうねと。
私は素直に聞き分け、いい宵を、と笑った。
友にもライン。悪友に悪事をうふふと打ち明けるように、一人飲みを報告。
そう、自立できる人間とは、依存できる人を多く持つ人のこと。
私も自立、できるようになった、かな?
本は澁澤龍彦先生の夢のある部屋。
ぼろぼろになるほど読んでいるのに、読むたびに発見がある。
この博学、この品格、この深み、このウィットとユーモア、可愛いエロス。
澁澤先生のような方がもしお隣に座ってこんなお話をしたら、三分でめろめろに参ってしまうだろう。
にかにか笑いながら読む。面白い。昔なら物欲しげにナンパ待ちしたけど、一人で本飲みもいいな。間が持たないかしら、って心配してたけど。
それにいいオトコなんてそうそういないもの。今は澁澤先生と素敵なデート。
ラインで恋人の晩のあいさつを待ったが、いつもの時間になってもこないので、ああ今日は金曜だから会社の飲みかなと思ってふらりと店を出た。
次に行く店は、決まっていた。最初から。
ところが、迷ってしまった。東急の裏で迷いようがないのに、東急がわからない。
あれほど通った街の、大通り沿いの東急がわからない。日本一の方向音痴、ここにあり。
仕方なくスマホで調べ、とことこ。
あ。
あの小さな看板。
あった。
OUTBACK。
地下二階の入口へ。ゆっくり階段を降りる。
こけてはだめよ。優雅にね、優雅に。
ばかみたいな自分に苦笑い。でも私ほんとうにこけやすいんだもの。
もう鎌田行進曲はイヤよー(笑)カッコ悪い。今夜はカッコつけたいんだから。
重いガラスのドアを押し開ける。タイムマシーン。
ああ。
久しぶり。
20年以上。
楕円形カウンターの中心に酒のラック、バーテンさんたち。
奥に上階へ物を運ぶリフト。
あら?あのリフト、透明じゃなかったかしら。記憶違いだろう。なにせ昔だ。
カップルばかり。そういうお店。でもまだ客は少ない。案内されたスツールは据え付け型だが、座り心地がいい。
実はぼうやと結婚中、ずっと連れてけ連れてけと言ってた店。あまりに素晴らしいから。バーは好きだし、たまには素敵な所でデートしたかったし。ところがけちで外飲み嫌いのぼうやが渋り続け延び延びになり、ついにこんな運びとなったのだ。やれやれ。
ジャズが流れる。昔の。好きだ。
ちょうどいい暗さ。空調もジャスト。
あくまで、くつろぎの空間。
カウンターにまたスマホと文庫本と煙草を出した。
さあ、私の夜が始まる。

今、アメリカの出版界を賑わしている本があるそうだ。本のタイトルは<Fear:ホワイトハウスのトランプ>だそうで、著者はボブ・ウッドワード(ワシントンポスト紙編集主幹)で、ウォーターゲート事件における卓越した調査報道の実績があり、知名なジャーナリストである。
書物の内容は、未だ日本語訳が出版されていないので、私には細かな点は分からないが、報道からの受け売りでしかないが、ホワイトハウスのなかで、現大統領が、如何に浮き上がっているかが如実に表現されているそうだ。
例えば、これは絶対にサインされては困ると思われるものは、大統領執務室に出入り可能な者が、そっと抜き取っておいても、本人は一向に頓着なかったり、北朝鮮・金正恩委員長の暗殺計画を模索したり、有力スタッフの中からは「小学5・6年生ほどの能力」と揶揄されたり(本人は当然否定しているが)である。過去の外交や軍事力、地球上におけるアメリカの軍事・経済に於ける役割を、理解しようとも、学ぼうともしない政治的センスに、うんざりしている様である。
私は、2度アメリカは訪れているが、個人的なアメリカ人に敵意を感ずる事はないが、国家としてのアメリカには、大いなる疑義を抱いている。少なくとも私の知る限りの第二次世界大戦以降のアメリカと言う国に対してである。既に瀕死の状態にある日本に対する原爆投下。敗戦後の戦勝国体制を未だに続けている優越主義(沖縄が良い例)。さらに朝鮮戦争・ベトナム戦争、イスラエルに殊更気を遣った中東政策、不完全な情報のもとに始めたイラク戦争などなど。この国が経済力と軍事力に、突出した力を持つが故のミス・リードが目立つ。
何れにせよ、前記の本が翻訳され出版されたら、ぜひ目を通して見たいと思っている。
また、別の面からは、かつての浮気相手の女性が、その実態から補償交渉までの一部始終を暴露した本も出版されるとの事。この厚顔無知とも言える小学5〜6年生の少年の様なおじさんが、どの様な対応をするか眺めさせてもらおう。

画像をクリックすると、ホームページにジャンプします!
無添加惣菜の通販サイト無料メルマガ
連絡先052-764-6690メールinfojyounetsuinfoをに
ホームページ玄米と大自然の恵み情熱弁当
店舗所在地466-0821愛知県名古屋市昭和区前山町1-17-8
営業時間1100〜1800ご予約は配達希望前日夕方5時まで
無料メールマガジン情熱イケメン弁当屋の知恵袋
〜食を愉しむ小ネタヒント便利ワザ〜毎月第2第4金曜発行
おかげさまで、ご家庭ですぐに役立つ濃い内容が読者に好評です!

コメント

タイトルとURLをコピーしました