メンズエステ 24歳推定Dカップスタイル抜群セラピとセックス 西中島

story

メンズエステ 24歳推定Dカップスタイル抜群セラピとセックス 西中島

○秋は低気圧や前線などの影響で西日本を中心に全国的に日照時間が少なかった。しかし、西日本や沖縄・奄美の平均気温は統計開始以来、最も高い記録となった。11月24日には、関東甲信地方に強い寒気が流れ込み、広い範囲で季節はずれの雪となり、11月として最も多い積雪記録を更新した地域もみられた。

○大河ドラマ「篤姫」の平均視聴率は前年の「風林火山」を5.8ポイントも上回る24.5%。平均視聴率が30.5%だった「秀吉」(1996年)以降で最高となる。

○その他、長寿番組の「笑点」(日本テレビ)が年間を通して安定した高視聴率を獲得。「24時間テレビ40愛は地球を救う」(日本テレビ8.26~27)も好調で番組終盤の「PART10」の平均視聴率は28.4%を記録した。

○日本テレビが放送した映画「千と千尋の神隠し」が視聴率46.9%を記録。年間視聴率ランキング1位となるとともに、過去テレビで放送された映画の最高記録を樹立(1.24)。

○その他、新型コロナウイルス感染で亡くなった志村けんさん関連の特別番組が高視聴率を獲得。緊急事態宣言が発出された4月7日前後には、「NHKニュース7」などのニュース・報道番組が軒並み高視聴率を獲得した。夏恒例の「24時間テレビ43愛は地球を救う」(日本テレビ8.22~23)も堅調を維持した。

○NHK経営委員会がNHK経営委員長に阪神高速道路会長でMHK経営委員長代行の森下俊三氏を選出(12.24)。

○8月末の「24時間テレビ28 愛は地球を救う」がチャリティマラソンを走り抜いた丸山和也弁護士が注目を集め、平均視聴率19.0%と過去最高を記録。

○NHK経営委員会は2017年1月24日に任期満了を迎える籾井勝人会長の後任に、NHK経営委員で元三菱商事副社長の上田良一氏を選出した(12.6)。任期は1月25日から3年間。経済界からの会長起用は4代連続で、経営委員からの転身は異例。

○テレビ放送50年目となった今年、12月1日より地上デジタル放送が開始されテレビは新しい時代を迎えた。この時点において放送の特長であるハイビジョン放送とデータ放送がテレビ局の目玉となった。現行の地上アナログ放送は2011年7月24日で停止される。

○秋は9月に台風21号、24号、25号が上陸あるいは接近し、秋雨前線活動が活発となり、広い範囲で大雨、暴風、高潮、高波が発生した。平均気温は北・東日本で高かった。

平成24年の日本経済は、春頃までは堅調だったが、夏以降は不振が続いた。個人消費がエコカー補助金終了の影響などで鈍化、輸出は円高や欧州危機、さらに尖閣諸島問題などで低迷、設備投資も個人消費や輸出の弱含みを受けて減退し、夏から年末にかけて景気後退が鮮明になった。国内新車販売は2年ぶりに増加、住宅着工は3年連続の増加となった。家電は薄型テレビなどAV機器が低調、エアコンなどの白物家電は前年並みにとどまった。

○インサイダー取引容疑で橋本元一会長が引責辞任(1.24)。後任に元アサヒビール相談役の福地茂雄氏が就任(1.25)。

○興行収入は前年比2.9%減の2,286億円で4年ぶりの減少。洋画が18.6%増の1,031億円、邦画が15.6%減の1,255億円。洋画「美女と野獣」が124億円獲得。

○長野冬季五輪のテレビ視聴時間が前回のリレハンメル五輪の2倍以上を記録し、冬季五輪としては過去最高となる(2.24)。

○梅雨入りは概ね平年並み、梅雨明けは近畿・中国地方で早く、関東甲信・九州地方では遅かった。7月11日~14日には「平成24年7月九州北部豪雨」が発生し、甚大な被害を受けた(死者・行方不明者32人)。

コメント

タイトルとURLをコピーしました